【ジョジョ】誕生日一覧!あのキャラはいつ生まれなの?

『ジョジョ』の身長一覧は以前に書いたのですが、誕生日一覧を書いていなかったので、今回調べてみました。

※ソースはコミックスになります。

調べてみて分かったのですが、ジョジョには膨大な登場人物がいますが、誕生日が分かるのはほんの一握りだということです。

そんな感じですが、書き出してみます。

【ジョジョ】誕生日一覧!

1月生まれから順に載せていきます。

1月生まれ

  • 1月5日 テレンス・T・ダービー
    ダービーはダービーでもこれは弟の方です。
    (兄はダニエル・J・ダービー)
    登場は第3部、「スターダストクルセイダーズ」。
    DIOの側近のひとりで、エジプト9栄神の中では最後の刺客となります。
    スタンドは「アトゥム神」で、兄のスタンドと同じく「魂」に関する能力を持っています。
    ゲームなどの勝負事で敗北感を与えての抵抗力が弱くなった者の魂を奪い、人形の体に魂を取り込みます。
  • 1月19日 ウィル・A・ツェペリ
    ツェペリさんは第1部「ファントムブラッド」にて、主人公であるジョナサン・ジョースターの波紋使いの師として登場する紳士です。
    派手なシルクハットがトレードマークです。
    物語中盤にて、タルカスとジョナサンとの死闘の間に入り、かつて自分が予言された通りの残酷な死を迎えてしまいます。
  • 1月30日 吉良吉影
    吉良吉影は、第4部「ダイヤモンドは砕けない」に登場するラスボスです。
    吉良は割と詳細なデータがあります。身長175cm、体重65㎏、血液型はA型。
    ラスボスなのに「平穏に暮らしたい」というのが一番の望みであり、それプラスちょっとした性癖である「殺人を犯したい」というものが付きます。
    手の美しい女性ばかりを狙って、ひっそりと15年も殺人を繰り返しています。
    スタンド名は「キラー・クイーン」。
    触れたものすべてを爆弾に変えるという凶悪なスタンドです。
    これ以外にも「シアー・ハート・アタック」(自動追尾型爆弾)や、「バイツァ・ダスト」(吉良が絶体絶命になった時に発動するスタンド)などがあります。

3月生まれ

  • 3月25日 レオーネ・アバッキオ
    アバッキオは第5部「黄金の風」に登場するキャラクターで、ギャング組織「パッショーネ」の組織員、ブチャラティのチームメンバーです。
    ギャングでありながら、かつては警察官だったという異色の経歴の持ち主です。
    警察官であった頃の正義の心をギャングになった現在でも持ち合わせていて、一度懐に入れた相手には付いていくという義理堅さも合わせ持っています。
    スタンドは「ムーディー・ブルース」。
    過去にその場所にいた者の行動をビデオのようにリプレイできます。
  • 3月28日 広瀬康一
    広瀬康一は第4部「ダイヤモンドは砕けない」で登場するキャラクターです。
    実際に主人公の東方仗助と戦いを共にするだけでなく、第4部のストーリーテラーとしての役割も担っています。
    また、第5部でも「ブラックサバス戦」までは登場しています。
    気弱で怖がりですがお人よし、裏表のない性格の持ち主です。
    そんな彼だから岸部露伴など、奇人変人が寄ってきてしまうのでしょうね。
    そんな彼のスタンドは「エコーズ」。
    これはAct.1からAct.3まで成長し、Act.3は物体を重くすることが出来るスタンドです。
    広瀬康一はこのAct.1からAct.3までを自在に使い分けることができます。

4月生まれ

  • 4月4日 ジョナサン・ジョースター
    ジョナサンは第1部「ファントムブラッド」の主人公です。
    彼は正義感が強く、心優しい青年です。
    また彼は、幼いころ家にやってきたディオ・ブランドーが石仮面を被り、吸血鬼化して世界を手中に収めようとするのを阻止すべく、ウィル・A・ツェペリより波紋を師事してディオに立ち向かいます。
    最終的にはディオに殺されて首から下の肉体を乗っ取られてしまうのですが……。
  • 4月16日 ジョルノ・ジョバァーナ
    ジョルノは第5部「黄金の風」の主人公です。
    身長172cm、AB型です。
    父親はディオ・ブランドーですが、ディオはジョナサン・ジョースターの体を乗っ取っているので、ジョルノには誇り高きジョースター家の血が引き継がれたようです。
    母親が日本人のため、本名は汐華初流乃(しおばな はるの)なのですが、実母がイタリア人と結婚したためイタリア国籍となり、イタリアで生活する都合上「ジョルノ・ジョバァーナ」を名乗っているようです。
    スタンドは「ゴールド・エクスペリエンス」および「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」。
    前者は触れた物体に生命力を注ぎ込み、そこから動物や植物といった生物を生み出す能力を持ちます。
    後者は前者の生命を与える能力に加え「攻撃してくる相手の動作や意思の力をゼロに戻す」能力を持ちます。

5月生まれ

  • 5月13日 シーザー・A・ツェペリ
    シーザーは第2部「戦闘潮流」に登場する波紋使いの青年です。
    ツェペリの名が示す通り、第1部「ファントムブラッド」に登場したウィル・A・ツェペリ男爵の孫です。
    祖父のシルクハットを所持しています。
    第2部の主人公、ジョセフ・ジョースターの戦友であり、相棒です。
    初登場時はキザなセリフで女性を口説くナンパ男でしたが、根は真面目で正義感と責任感の強い好青年です。
  • 5月20日 ナランチャ・ギルガ
    ナランチャは第5部「黄金の風」に登場する、ギャング組織「パッショーネ」の組織員であるブチャラティのチームの一員。
    学校に行っていないために、勉強が苦手で、学のなさをバカにされるとキレてナイフを振り回す勢いです。
    無邪気で子どもらしい性格(といっても17歳ですが)で、ダンスや音楽が好きです。
    学力は残念ですが、人を見る目はあります。
    スタンドは「エアロスミス」。
    自由に操作できる小型の逆ガル翼型プロペラ戦闘機と、本体の片目に追従するレーダーの2部分からなる遠隔操作型スタンドです。

6月生まれ

  • 6月5日 エンリコ・プッチ
    プッチ神父は第6部「ストーンオーシャン」に登場するキャラクターです。
    その正体は6部のラスボス。
    プッチ神父は昔、ディオと親交が深く親友同士でした。
    ディオを尊敬しており、彼が死んだあと、その意思を継ごうと考えます。
    そこで承太郎の娘である徐倫をハメてディオのノートを読んだ承太郎の記憶とスタンド能力のDISCを奪い、「天国へ行く方法」を知り、その方法をやり遂げようとします。
    スタンドは、「ホワイトスネイク」。
    人の記憶とスタンド能力をDISC化させて奪ったり読んだりすることが出来ます。
  • 6月5日 ウェザー・リポート
    ウェザー・リポートは第6部「ストーンオーシャン」に登場する人物です。
    記憶を失っているため、自分が何者かも分かっていません。
    名前も覚えていないために、スタンドと同じ名前の「ウェザー・リポート」と呼ばれています。
    物語が進むにつれて、彼の正体が明らかになります。
    彼は二つの名前を持っています。
    ウェス・ブルーマリンと、ドメニコ・プッチ。
    実は、ウェザーは第6部のラスボス、エンリコ・プッチが赤ちゃんの頃に生き別れた双子の弟だったのです。
    ウェス・ブルーマリンはその後に付けられた名前でした。
    スタンドはもちろん、「ウェザー・リポート」。
    天候や空気を広範囲に渡り操作できるスタンドです。
    そしてもう一段階上のスタンドが「ヘビー・ウェザー」。
    オゾン層を操作することで太陽光の性質を変化させ、サブリミナル効果を引き起こす「悪魔の虹」を作り出すというものです。
    これを見た人間や動物は「自分はカタツムリになってしまう」という暗示をかけられ、実際に体が徐々にカタツムリに変化してしまいます。
  • 6月7日 荒木飛呂彦先生
    言わずもがな。ジョジョの作者です。
  • 6月8日 トリッシュ・ウナ
    トリッシュは第5部「黄金の風」のヒロインです。
    「パッショーネ」のボス(第5部のラスボス)の実の娘で、父親から命を狙われることになり、それをブチャラティたちが阻止する、といった展開になります。
    ボスに逆らって自分を助けてくれたことから、ブチャラティに皇位を抱いているような表現がありますが、本人にはその自覚はないようです。
    スタンドは、「スパイス・ガール」。
    触れたものを柔らかくすることが出来ます。

9月生まれ

  • 9月27日 ジョセフ・ジョースター
    ジョセフは第2部「戦闘潮流」の主人公であり、また第3部、第4部にも重要な役割を担って登場します。
    ジョセフは第1部のジョナサンの孫で、第2部では石仮面を作り出した「柱の男」の一族との戦いに巻き込まれていきます。
    「お前は次に〇〇と言う」はジョセフの名台詞。頭の回転が速く、すぐに行動を先読みして相手を出し抜く頭脳戦が非常に得意です。
    なぜか波紋を子供の頃から苦もなく使いこなせていたようで、ストレイツォもその才能に一目置いていました。
    第3部から登場するジョセフのスタンドは「隠者の紫(ハーミット・パープル)」。
    「念写」を得意とするスタンドです。
  • 9月27日 ブローノ・ブチャラティ
    ブチャラティは第5部「黄金の風」に登場するキャラクターです。
    上記のジョセフと誕生日は同じ。
    ただし、ジョセフは1920年、ブチャラティは1980年生まれです。
    ブチャラティはギャング組織「パッショーネ」の一員で、物語開始当初は地元の縄張りを仕切る下部チームのリーダーで、ネアポリスを仕切るポルポの部下でした。
    ポルポの死後、彼の隠し財産を組織に納めたことで幹部に昇進。
    縄張りの権利とともに、トリッシュ護衛の任務を引き継ぎます。
    しかし、護衛とは名ばかりで、ボスの本当の目的は娘であるトリッシュを自分の手元に連れてこさせ、殺すことでした。
    これを知ったブチャラティはボスへ戦いを挑みます。
    スタンドは、「スティッキィ・フィンガーズ」。
    能力は、「拳で触れた対象にジッパーを取り付ける」というものです。

10月生まれ

  • 10月16日 ロバート・E・O・スピードワゴン
    第1部および第2部にかけて登場するキャラクター。作中では「スピードワゴン」とファミリーネームで呼ばれています。
    スピードワゴンは第1部ではロンドンの貧民街「オウガーストリート」を根城とするチンピラのボスでした。
    ゴロツキではありますが、人情を大切にする義理堅い好漢です。
    父親に盛られた毒薬の手がかりを求めて貧民街にやってきたジョナサン・ジョースターと一戦を交えますが、その時のジョナサンの紳士的な態度と誇りを持つ戦いぶりにほれ込み、以後行動を共にするようになります。
    第2部ではアメリカに単身渡り、石油王として巨万の富を得て「スピードワゴン財団」を設立しています。
    粗暴な言動はなりを潜め、落ち着いた紳士になりました。
    スピードワゴンが亡くなってからも、その財団の名は3部以降、度々登場しています。

12月生まれ

  • 12月3日 グイード・ミスタ
    ミスタは、第5部「黄金の風」に出てくるキャラクターです。
    その性格については、コミックス62巻で次のように書かれています。
    「彼は基本的に「神」という物を信じている。はた目からどんなに辛い状況に陥っているように見えても、彼は「自分は助かる」「危機は絶対自分を避けて通り過ぎる」と楽天的に考えており、実際今まではその通りになっている。ただし「4」という数字がかかわるとだめである。その数字に関する事を彼が気にし出したら途端に消極的な正確になり、取るに足らない事にもおびえる。」
    このように、ミスタは4という数字を異様なまでに恐れていることが伺えます。(実際、作中でも4に関することで色々と大変な目に合っています)
    スタンドは「セックス・ピストルズ」。
    弾丸に取り付き弾道を自由に操作する群体型スタンド。
    6体いて、それぞれの弾丸は意思を持っています。
    「4」が嫌いなミスタのため、No.1~No.7まで(4はいない)がいます。

【ジョジョ】誕生日一覧!:まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』において、誕生日が判明しているキャラと、そのキャラがどういう人物なのかを簡単に書き出してみました。

こうしてみると、5部に関しては(ブチャラティのチームのみですが)全員誕生日が判明しているのですね。

ただ、まだまだ圧倒的な人数のプロフィールが明かされていません。

ジョジョに関するそういった本が出てくれば、ファンの一人としては迷わず購入してしまう所です。

荒木先生、お願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました